LoCom Mate (アナログ計測信号延長アダプタ子機)

LoCom Mate(I、V1、V2)
ロコムメイト

LoCom Mate(I、V1、V2)は, アナログ信号(4-20mA、0-1V、0-5V)を
長距離無線( LoRa®通信、最大15km)で中継するユニットです

アナログ計測信号+接点信号を無線(LoRa®通信)で延長できる!


無線(LoRa通信)で延長できるアナログ計測信号は4-20mA、0-1V、0-5V
と3種類をラインナップ


親機へのトリガー信号により、子機でプレヒート電源出力し(DC24V)、
アナログ計測を開始
必要なときのみ、センサへの電源供給を行うことで 省電力を実現


LoRa通信により、携帯電話の圏外(不感地帯)での使用が可能
LoRaExtender(別売り)を使用して、LoRaMate間をさらに中継する事によって、
遮蔽物の多い山間部・市街地でも通信可能


LoRaMate間の見通し通信距離は最大15km、LoRaExtender(別売り)
使用することによって更に延長可能


電源入力はDC5V~DC30Vとなっており、商用電源(AC100V)が確保できない
場所でも使用可能

製品ラインナップ

  LoCom Mate I(LM-I:電流タイプ)


4-20mAタイプです。(水位計等に接続可能)
子機はアナログデータ(4-20mA)をデジタルデータに変換し、
LoRa®通信で受信装置に送信します。

  LoCom Mate V1(LM-V1:電圧タイプ1)


0-1Vタイプです。(温湿度計等に接続可能)
子機はアナログデータ(0-1V)をデジタルデータに変換し、
LoRa®通信で受信装置に送信します。

  LoCom Mate V2(LM-V2:電圧タイプ2)


0-5Vタイプです。(風速計、気圧計等に接続可能)
子機はアナログデータ(0-5V)をデジタルデータに変換し、
LoRa®通信で受信装置に送信します。

※LoCom Mate I、LoCom mate V1、LoCom Mate V2の子機、LoCom Star+を組み合わせて使用することが可能です。
※アナログ計測信号の入出力が異なる場合はご相談下さい。

2021年04月05日